カテゴリー別アーカイブ: 施工例

ミラノサローネで見つけた「これからのキッチン」8つのトレンド by HOUZZ

プレジャーガーデンの施工例も少しづつ紹介しているHOUZZ (プレジャーガーデンのページはこちら

今日 こんな記事がありました。

ミラノサローネで見つけた「これからのキッチン」8つのトレンド

a

  • ぬくもりのあるナチュラルな素材に回帰する傾向があきらかに。

      かなり舞い上がりました。 
      なぜなら、、まだまとめきれていないので紹介は出来ていないのですが 4月に納めたキッチン(ガーデンも同時に工事) が まさにそのものだからです。
      ↓↓↓

      b

      c

      もともと染色の工房として使われていた部屋をリフォーム。 

      自然の素材を多く使用しぬくもりある空間へと仕上げました。

      詳しくはまた別途施工例としてご紹介しますが こういった傾向にあるということはプレジャーガーデンとしてはとても嬉しいですね。 お庭とキッチンもつながりやすいですし。 

      ぬくもりのあるキッチンとしてカントリー調などもありますが、それとはまたちょっと違うスタイルですよね。

      かなり嬉しいです♪ 

      プレジャーガーデン HOUZZページ 
      こちら
      d

      facebookページからもご覧になれます。


  • バラの根元に灌水チューブ設置

    プレジャーガーデンではお庭の形状や仕様、ライフスタイルにあったスプリンクラーの工事も得意・専門としております。
    詳しくは こちら

    バラの大好きな人たちにとって水やりは大きなテーマでありますね。

    昨日は昨年バラ園の近くに立水栓工事まで終わらせていたお客様に灌水チューブを設置する作業をおこなってきました。

    a
    b

    こちらのお客様には過去大きな敷地内全体にスプリンクラー設置工事をさせていただき 依頼色々なお仕事をご用命いただいております。

    以前スプリンクラーをつける前は↓↓このように敷地内の至る所にホースがあり先端についたスプリンクラーを時間ごとに移動し使われておりました。
    数百坪ある敷地をこのように管理されていたわけです。 

    IMG_0025
    IMG_0026

    よく使われている移動して使うタイプのスプリンクラーですね。 
    隣地にかからないようにうまく散水をするのも難しいですし、芝生の上ではホースの部分が蒸れて黄色くなりますね。

    IMG_0378

    こちらのお客様にはこのようなタイプのスプリンクラーを設置しました。
    芝生への散水はポップアップ式(普段は地中にもぐっていて 水圧がかかると地面からスプリンクラーがあがってくるタイプ)を使用するのが一般的ですが 写真のような植え込み箇所への散水はポップアップ式でないものを使用、高さを調整しながら設置します。

    散水システムは蛇口タイマー式のものも便利ですが、せっかくでしたらインライン型といって地中にシステムを埋め込み蛇口周りをすっきりと保てる方式をおすすめします。

    是非ご相談くださいね。 

    現在鴨川にてガーデンルームを作っています。 
    楽しみにしていてください♪
    c


    ホームページ内施工例、法人様事例 更新

    写真 2016-01-14 8 01 00
    写真:現在発売中BISES特別号内弊社広告

    ご無沙汰してしまっていました。 
    いくつかの現場が同時に進んでいるため 現場周りで頭がいっぱいいっぱいになってしました。

    現在いくつかの現場が進行しておりますが もと染めもの教室として使われていたアトリエをキッチンに改造している現場の変わっていきようがとても楽しいです。
    皆さんに紹介できる日がとても楽しみです。

     
    その間、ホームページの更新もしておりました。

    更新にともない新しい事例も沢山紹介していますので是非ご覧になってくださいね。

    リフォーム事例 → こちら
    浴室洗面リフォーム工事の事例などが追加

    ガーデニング事例 → こちら
    マンションガーデニング工事、スタジオ植栽工事例追加

    エントランス → こちら
    駐車場、門扉等追加

    ガーデンアクセサリー → こちら
    コッツウォルドストーンアーチ、ベンチ等追加

    法人のお客様 → こちら
    お料理教室、マンション植栽工事、スタジオ植栽工事例追加

    先日完了したウッドデッキの現場もありますので色々報告するべき事がおおいですね、楽しみにしていてください。

    今年はそして 工事に付随してよりご依頼いただいた方々にとって良い気が流れるお手伝いもしていきます。 
    春に公式にご案内できるかと思いますのでそちらも楽しみにしていてくださいね。


    お母さんを応援します! 「お家カフェ」

    IMG_6675

    2016年を実りある年とするポイントの一つ

    「お家時間を充実させる」

     

    プレジャーガーデンでも今まで家族の為に頑張ってきているお母さんを沢山応援してきました。

    今年はさらにそれが加速しそうなそんな予感がします。

    以前からプレジャーガーデンの役割はそこで暮らす人を豊かにする、というのがありました。
    が、仕事をしていく中で問題を抱えているお客様の家に訪問することも多くなり、、 共通した箇所があることに気がつき それはなんだろうか、と考えていたところ
    自然がもたらす恩恵を活かして生活されていない方に多く特徴が見られた事に気がつきました。

    家庭家庭、色々あるにせよ、自然の恩恵を十分にうけながら家族が温かく思いやりをもって生活されている家庭は経済的にも恵まれているように思われ それが家庭内の安定にもつながっているように思えました。

    私が特に注目したのは 「採光」です。

    とてもシンプルな事ですが、ここ何年か 全く日の入らないリビングで打合せを重ねた事が何回かありました。 
    そしてそういった環境で暮らされている方には共通した特徴が。

    そして環境学としても風水を学び初め、、、、、

    前振りが長くなりましたが、そんな事で今年は

    「お家時間を充実させる」 事が開運にもつながります。

    過去の施工例の中から

    お家時間が充実する「お家カフェ」 的なご要望で作らせていただいた施工例をいくつかご紹介させていただきますので是非参考に、そしてご相談頂ければと思います。
    今年はすでに沢山のご相談を頂いておりますので年内工事ご希望の場合は早めのご相談をおすすめします。
    (これから頂くご相談はご契約頂く時期によっては夏以降の着工となります、ご了承ください) 

    IMG_6671

    IMG_8081

    IMG_8622

    IMG_4601

    IMG_4211

    IMG_1904

    IMG_1890

    IMG_1860

    IMG_4655

    IMG_5674

    Scan0006

    CCE20130322_0000


    閑静な住宅街の中にある自然溢れるガーデン

    IMG_6551

    IMG_6558

    IMG_6556

    IMG_6554

    IMG_6557

    IMG_6569

    写真 2015-05-07 19 12 58

    IMG_6677

    IMG_6563

    閑静な住宅街にあるお庭の植栽及び剪定等を夏に行いました(*^_^*)
    植物は周りの景色に溶け込みながらもお施主様のお好みやライフスタイルにあう植物を選び植え込みをさせてもらいました♡

    住宅街でありながらも目の前がゴルフコースという素晴らしい立地♡♡

    道路側は野趣あふれる庭の植栽をリニューアル、ゴルフコース側は開放感を活かし既存のデッキでの時間をゆっくりと楽しめるように オーニング、パラソルを設置、とても喜んでいただきました♪
    いずれもご自宅の外観に調和する落ち着いたお色をご提案、しっくりと落ち着いた仕上がりになり大正解、私もホッとしました。 
    こういう大型の製品(今回は商業用)は本当つくまでハラハラドキドキなんです。 

    好みはそれぞれですのでお客様の好みを否定することはあまりないですが、私個人としては 「良いものがチラリさりげなく見える」 そんな景色としての仕上がり感を大事にしたいと思っています。 

    IMG_6667

    IMG_6660

    IMG_6681

    IMG_6718

    IMG_6719

    オーニングもパラソルもランクがありますが、お客様と相談をしながら空間と調和するものをお選びしています。
    勿論、すでにお客様で おきまりの商品がありましたらそちらのお取り寄せもお手伝いできます。
    ご相談くださいね。

    庭はすっかり冬の姿になっていますが 元気にそだってくれていた様子が随所随所にうかがえます。
    IMG_8689

    作業に朝はいると お施主様の息子さんがピアノを弾いていて、、、
    ピアノ伴奏つきの植え込み作業。。

    音楽のある暮らしって素敵だな~と心から思えた現場でした。
    素晴らしい経験をさせていただき感謝です。

    来年も楽しみです!


    師走

    幾つかの現場が同時に進行している一つ、千葉市中央区の現場です。

    後日before afterで紹介いたしますが 昨日から駐車場コンクリートの合間をタイルで埋める作業を始めました。

    image

    もともとは玉リュウが植わっていましたがメンテナンスが大変になると雑草が勢力伸ばし つまづく原因になったりしていたのです。

    タイルを貼れば安心ですね!
    image

    先週までは 駐車スペース脇の植栽などのリニューアル。

    いずれも雨で作業日が確定するもズレたりとお施主にはご迷惑をおかけしましたが 綺麗に整いました。
    image

    image

    image

    それにしても今年も早いもので12月、しかもすでに5日になってしまいました。

    たくさんの御用命を頂き感謝の気持ちと使命を果たせなかった案件には悔いも残っていたり、お詫びの気持ちもあったり。。。

    来年はプレジャーガーデンにお仕事を頼みたい!と思われている方に十分な時間を割けるようなご案内が出来るようにホームページを一部リニューアルする事に致しました。

    整いましたらまたご報告させていただきます。

    image


    いい夫婦の日

    IMG_4383

    今日11月22日は 「いい夫婦」の日なんだそう。
    東京を急いで離れ夕食は家族でセルジオの用意してくれた夕飯をいただきました。
    最近よく 国際結婚について聞かれ
    「旦那様が外国人だと優しそう」と言われます。 たしかに彼は優しいですが、同じに家庭内の事でやるべき事、特に子供の事より仕事を優先してしまうと怒ります。
    意外と外国人の夫の方が家庭内の女性の役割についてはっきりとしている気がします。 特に日系ブラジル人は家族を何よりも大事にするのでそうなのかもしれません。

    ともあれ、、いい夫婦かどうかは?ですが、いい夫ではあります。 
    感謝感謝。

    さてどこの業者も泣いているように私たちも雨で工事段取りが変更になったりとしていますが雨でも出来る事を進めながら年末にむかってすすんでいます。

    合間をぬって昨日から明日までの3日間、風水を集中的に学んでいます。

    前にも書きましたが風水といえば Dr.〇〇のような方や 〇ミ〇ーさんが思い浮かぶところでしょうが 私の習っている風水は環境学的なものであるので学問的にもとても面白いです。
    問題は そう簡単に会得できるものではない、という事。 いつもと違う脳をつかっていますが、それはまた新鮮です。 

    今日は家相を少し学びました。
    その中で犯罪を犯した少年達の住んでいた家の間取りをみました。
    はるか昔、ハイスクール時代にとっていた社会学の授業で犯罪者が生まれる環境について学びましたが30年たっても 犯罪者が生まれる環境は変わっていないのですよね。 
    犯罪に手を染めるに至るまでの家庭内での過ごし方が原因なのですが、経験や今の学びをいかして

    もっと自分にも出来る事があるのではないか

    そんな気がしてきました。

    来年からは少しづつですがそんなことにエネルギーを注いでもいきたいです。

    まずは今進行中の現場ですが。

    最近工事


    ドイツ風のお庭が出来るまで(完成)

    IMG_8176

    どこの現場でも工事の完了が近くなると寂しさが募ってくるのですが、こちらの現場も同様に終わりが見えてくると途端にさみしくなってきました。

    IMG_8203

    ハードに関しては 使用する材料や色に関してご提案を気に入ってくださったのですが、植栽がなかなか決まらず
    結果芝生とシマトネリコ、リンゴ、もみの木を植え広々とした空間を壊さないようにしました。 

    どこかのリゾートのようでとても素敵。
    リビングのフレンチドアからはお隣の杉林が見えますがここもフェンスが浮かないように茶系を避けたのが正解。

    IMG_6512

    暮らしが景色に溶け込むようです。

    デザイナーというと何か奇をてらったことをすると思われる方も多いし、そうするデザイナーも多いのですが私はお客様のご要望に添いながらも景色に溶け込み家と庭がしっくりと調和している、そんな空間作りを目指しています。 

    そして森や林のそばに住んでいるからといって モクモクウッディーに皆があこがれている訳ではありません。
    自然の中に住んでいながらも清潔感があって洗練された雰囲気を好む方も多いですよね。

    IMG_8184

    プライバシーに関しては今回できる限り外からの視線を遮るようにしました。
    ちょうどフェンスの下の隙間が道路にたつ人の目線の先にあるのでそこも石積みをして目隠し。

    IMG_8194a

    家にいる時間を家族とゆっくりと過ごしたい方には必要ですよね。 

    IMG_8197

    ゲートのデザイン
    曲線を多くつかったロマンチックなデザインは似合わないと思いこちらのデザインをおすすめしてみました。

    アイアンのゲートやフェンスというとどうしてもロマンチックになりがちですが、住まう方の個性や全体のバランスで決めていくことは大事ですよね。

    是非ご相談ください。 

    IMG_6420

    IMG_6413

    IMG_6421

    大事な芝に適切に散水を行えるよう 自動散水(スプリンクラー)システムも設置。
    全自動で散水が行えます。  散水システムの勉強にデザイナーさんがいらしてくだいました♪
    (プレジャーガーデンは 自動散水のスペシャリスト グリーンコムジャパンの正規代理店でもあり、セルジオはエンジニアとしても活躍をしています。)

    IMG_8177

    IMG_8201

    IMG_8177

    お客様よりスタッフの皆への深い感謝のお言葉をいただき工事が無事に完了しました。

    IMG_8205

    そして新たに 年間管理のご契約も頂き8月より作業に入らせていただいています。
    これからのご家族の成長とともに成長するお庭をお世話させていただくことができとても光栄です。

    素敵な仕事をさせていただき本当にありがとうございました。

    関連ブログ--- ドイツ風のお庭ができるまで (Before編)
         --- ドイツ風のお庭ができるまで (途中編) 

    (*年間管理は弊社にて施工させていただいたお庭か、長くスポット管理をさせていただいているお庭のみお請けしております。ご了承ください。) 
     


    ドイツ風のお庭ができるまで (途中編)

    IMG_5504

    ドイツ風のお庭ができるまで (Before編)  → → → こちら

    打合せでは 「トロピカル風に椰子も植えようか」 などもありましたが かなり慎重に、
    「果たして景観的に周囲となじむだろうか?」 を検討されていました。
    周りになじむだろうか、、、、
    今日本の外構工事や住宅においても こういう事を考える方はあまり多くない気がします。
    それぞれが好きに作っている、建てている感じがして全体としてみると価値が下がって見える事もありますよね。 

    私個人としてはここに椰子はやや唐突な感じがして余程椰子がお好きでない限りはどうかな? と内心思っていました。
    本当は桜や紅葉など季節感のある庭木も提案したのですが 実はお客様は別の場所に四季を彩る木々が沢山植わっている場所にもお住まいをお持ちでしたので 「ここはちょっと違う感じにしたい」と。

    いろいろとお考えの末、 「ドイツ風にしよう!」 という事で植栽は ”りんご”の木をメインに”もみの木”などと玄関には目隠しと丈夫さから ”シマトネリコ”を植えることに決定。

    とはいっても実は植栽はフェンスや石積みがかなり進んで イメージがつかめてきてから決まったのですが。。。

    IMG_5414

    フェンスの設置準備。

    IMG_4885

    果てしない石積み作業が始まりました。

    IMG_4910

    まずは駐車場部分から。

    IMG_5608

    IMG_5614

    同時にフェンスに使用する大量の木材の塗装作業もはじまりました。
    こちらの塗装作業は お施主様のご家族によって行われたのですが、寒い時期で本当にお疲れ様でした。 
    フェンスに使用する色はプレジャーガーデンがよく使うグレーッシュな色です。 
    この面積を茶系で仕上げていたらかなりういていたと思います。 

    IMG_5508

    道路の傾斜に合わせてフェンスも設置していきます。
    丁寧に段々となっているフェンスは仕上がりが本当に綺麗でとても喜んでいただけましたが 実は現場では途中の風景を見るだけでその仕上がりも想像できるのです。  

    途中石を大量に使いすぎて問屋に無くなるというハプニングがありフェンス工事をせっせと進め少しづつ形になってきます。
    いくつかの現場が同時に進行していたたこちらのお施主様や後にご紹介するほかの現場のお客様もお持たせをしてしまいましたのですが、理由の一つにほかの現場も同じ”石”を こちらも

      大量に使っていたので在庫なくなり本当に困ってしまったのでした(>_<) IMG_7254

      そして石が入荷したらひたすら石積み、仕上げが続き スタッフもどこにいってもよその石積みが気になってしまう症状が出てしまったようで本当にお疲れ様でした。

      IMG_5902

      駐車場脇フェンスの足下にもこの後石が積まれ敷地内で過ごす時間を道行く人からの視線を気にすることもなくゆっくりと過ごせるようになりましたね。 

      今回のドイツ風のお庭ですが、それは仕上がりのスタイルでありまして構造的なプランとしてはプライバシーの確保がお施主様からの強いご要望でありました。 

      オープン外構を望まれる方もいらっしゃいますが、外国の方は特に「丸見え」を好まない方が多い気がします。 
      皆さんはどちらがお好きですか?  

      さて次は 植栽。スプリンクラーなどもご紹介したいと思います。 

       
       


    ドイツ風のお庭ができるまで  (Before編)

    2014年冬から2015年初夏にかけて作らせていただきたお庭です。
    シリーズでご紹介していきますので最後まで楽しみにしていてくださいね。 

    IMG_8183

    ご自宅を建てる前から相談をいただいている理想的なケースでした。
    今回は庭だけでなく ご自宅のパース作りもお手伝いし(お友達を紹介)
    その甲斐あってしっかりとしたイメージができたようです。

    お客様はドイツの方でお友達としておつきあいをさせていただいていたご縁から依頼をいただきました。
    ありがとうございます。

    ここはもともと杉林で 周りも杉林に囲まれている区画です。
    敷地内の杉は庭や自宅を建てる場所の確保のために伐採、抜根をしたそうですが、その木は製材しご自宅を建てる際に使われるなど なんともドイツらしい発想で感激しました。

    IMG_4633

    家に使う資材、視界にはいる物の質感、ただ単に「便利だから」という理由で物を選ばないところもまた プレジャーガーデンのお客様らしい 暮らしへのこだわりを強く感じます。 

    IMG_4628

    とにかく広い敷地です。

    こちらのケースのように初期段階にこうして相談いただくと季節を通して、天候によっての問題を知ることができ問題を解決するご提案もできますよね。 

    IMG_4624

    今回は初期段階で大雨が降り、道路からの水が敷地内に流れ込むという状態を知ることができたのでそれを防ぎながら、なおかつご自宅を引き立てるご提案をさせていただきました。
    お客様の大切な資産をより価値あるものにしていくことも私たちの大切な仕事です。

    IMG_4628

    さてさて
    どんなプランになったのでしょうか。

    次回は 「途中編」です。 
    楽しみにしていてくださいね。

    Facebookでもご覧になれます。 こちら