カテゴリー別アーカイブ: 植物

つるバラの女王   ピエール・ド・ロンサール

玄関先に ピエール・ド・ロンサールが咲きました。
初心者向けの人気のバラで我が家には玄関先のプランターに1株植えてあります。

花でも星でもなんでも名前はありますが、なぜその名前になったのか、知るのは面白いと思いませんか?
または色々な言葉の語源とか。
何も考えたくないときにはついついパラパラと「語源辞典」をめくってしまいます。

ずっとこの薔薇 「ピエール・ド・ロンサール」の名前の由来が気になっていたので調べてみた所・・・

IMG_6804

酒にばら そそがなん、
そそがなん、酒にばら。
つぎつぎに 飲みほさん、
飲むほどに 胸深き
悲しみは 消えゆかん。

美しき 春のばら、
教えるよ、オーベール、
この時を たのしめと、
若き日の、青春の、
花の間を たのしめと。

咲くと見し、その日はや
色褪せて、散れるばら、
われらまた この齢
束の間に 衰えて、
人生の 春むなし。

きのうなり、プリノンと
ともに飲み、語りしは。
あわれ、今日 はや葬り、
いささかの 灰となり、
残れるは 名のみなる。

のがれえず、死のさだめ。
黄泉の舟 へだてなし、
王侯も、貧しきも。
時去れば、ばらよ、われ
汝をしも うたうまじ

ばらは園のほこりよ、
こよなく美し花、
すべてに秀する花。
そのゆえに キプロスの
すみれとも 称うべし。

ばらはアモルの花束、
借りて巣の手すさびよ。
ばらは 夜のひきあけに、
真珠もて かざられて、
その化粧 ほの白し。

ばらは神々の香り、
ばらは乙女のほこり。
高貴なる黄金よりも
よろこびて、その胸に
かざるなり、初花を。

ばらなくて なんの美ぞ
ばらありて 美あまねし。
ウェヌスは ばらの肌、
アウロラは ばらの指、
朝日子は ばらの額。

ニンフらは ばらの胸、
肱 脾腹 腰もまた。
ヘペは手に ばらあふれ、
色白き カリテスも、
その額 ばらに満つ。

われもまた ばらの冠、
こはわれの 月桂樹。
いざ 呼ばん、酒神を、
よき父を、飲ましめん、
百のばら 侍らせて。

うつつなし、バッカスは、
くれないの はなびらに。
ばらはそのつねの友。
葡萄棚、その下に、
櫬衣(シャツ) はだけ飲む夏も。

俳句の迷宮より

フランスの詩人の方にちなんで命名されたそうです、 なぜピエール・ド・ロンサールだったのか、、
それはもうちょっと調べています。 あまり書いていないですね。 「なぜ」かは。
結構「なぜ」を知ると面白いとおもうのですが。

wiki先生によるとフランスの詩人の方でした。 こちら

他に

「明日のことは考えず、今日のために薔薇を集めよう。」

という名言も残されていました

IMG_6791

    明日のことは考えず、今日のために薔薇を集めよう

確かに名言ですね

IMG_6796

美しく咲く花を見ると写真を撮りたくなりますが 最近は「また後で出直そう」とその時を見送ってしまう事も(-_-)

でも次のその花を見に行くと 最初にみた時のような美しさが消えてしまっていることも。
やはり 花のピークの時は私達は知らないうちにそのオーラに引き寄せてられているのでしょう。

ついつい 上から目線で私達が気づいてあげているようなとらえ方をしてしまいますが。
違うんですよね。

そしてこの詩は美しく咲く薔薇だけでなく仕事や目の前にあっても気づかないチャンスをさしているようにもとらえられます。

もっともロマンティックな詩を書いたピエール・ド・ロンサールさんは純粋に薔薇の事を書かれていたの
だと思いますが。

先週末と週末は子供の学校関係と進路の事で走り回りました(>_<)  しかしこれは just a beginning・・・ 大学進学が全てではないと思っていますが、まずは今何ができるか、どんな選択肢がるのか、、本人はどうしたいのか、、 仕事よりも複雑ですね・・


玄関リフォーム中♪

IMG_6737

ガーデン、ショップ、パーゴラ、、洗面所工事等過去にもその都度工事ご依頼をいただいていた プロボディボードショップ Live in clover オーナー様からの玄関リフォームご依頼。 いよいよ工事が始まりました。

強風に煽られドアが持って行かれてしまい危険、などはじめてご依頼をいただいた頃から気になっていた箇所をいよいよ手術です。

ポーチを利用して玄関部分を広く計画ですが、ドアの位置、向きも変えるので 今まで感じていた不便さや危険さは解消できると思います(*^_^*)

ずっとずっと 都度他の箇所の打ち合わせ度に「本当は玄関を直したいのだけど。。」と言われていて それがようやく実現するのです。

玄関ポーチに新しく出来る壁の下地が出来た際は何度も出入りのシュミレーションをしてワクワクしてくださったようで。
私も長年その想いをずっとうかがっていたので しっかりとしたものを必ずお届けしたいと思っています。
勿論、それはどのお客様に対しても同じなのですが。

IMG_6689

本当に色々な工事をさせていただいているので プレジャーガーデンのショールームよりもショールームらしいのではないかと、、(^^;)

私は実家がサーフショップだったので サーフショップで生計を立てていくことの大変さは本当によくわかるのですがそれでもこうしてプレジャーガーデンにご依頼下さる事に本当に感謝致しますしビジネスの発展に微力ながらも協力出来れば、と心から思っています。 勿論 私がそんなお仕事の心配をする必要もないかもしれませんが。 

IMG_6734

お庭のハクチョウゲも絶賛満開中でした(*^_^*)

IMG_6732

通路や植栽も作らせてもらいましたがその奥にあるレッドシダーの外壁であるショップも弊社で立てさせていただきました。  我ながら格好いいお店だとおもっています♪  
扱っている商品もおしゃれなものが多いのでホームページなど是非チェックしてみてくださいね。

IMG_6733

お店は小さな看板が目印です(*^_^*)

こちらの進捗もまた報告していきますのでお楽しみに!

増築 → キッチン工事は台風の影響で予定変更。
お庭の工事もいくつかの現場が進んでいます♪

ここの所現場の朝が早く我が身の準備に十分な時間がさけず相変わらずお見苦しい姿で申し訳ございません(>_<) 「美しくて」「仕事も出来て」「素敵なお母さん」を目指さないといけない風潮ですが 全く追いつきません(笑)。。。。  


Kumquat  金柑の季節

IMG_6480

大好きな金柑の季節です♡

IMG_6472

庭の金柑はまだ小さかったので、、、購入してきた金柑で甘露煮。
毎年恒例となりました。

IMG_6476

その後週末にパウンドケーキにして

IMG_6496

焼き上がったら

IMG_6501

おやつ用と

IMG_6506

プレゼント用に。

最近は タマゴや小麦粉、牛乳、砂糖、ベーキングパウダーなどを使用してつくったお菓子を食べない方も多い。

我が家は誰もアレルギーもないので(花粉以外) 必要量は特に気にせず使っていますが 作ったものを差し上げるときは 気にしてしまう事も。
-----------------------

金柑は ご自宅のお庭に植えるのにもお薦めの一本です。

常緑でそれほど大きくならず 丈夫。 目隠しなどにおお使いになれますね。

そして何より個人的にはこの濃い緑のモコモコに小さなオレンジ色の粒が実っているその姿がなんともかわいらしくて好きなのです♡


圃場にて植木選び

IMG_6535

先日ガーデンデザイナーの石塚とご依頼いただいているお庭用の庭木を選んできました。
(リンクでは ”DIYサポート” 担当になっておりますが ケースによってプランから植え込みまでも行っております)

植木は自分達の足で探しに行くこともありますし、信頼している植木屋に注文をすることもあります。
「ワンクリック検索 → 答え」 が出てきてしまうのと違い 本やさんでは 寄り道をしながら 捜し物以外にも興味をひくものがあり楽しいですよね。

植木も同じです。

圃場を歩くとあれもこれもと欲しいものが沢山。
IMG_6529

沿岸ではなかなかみられない はなみずき
はなみずき ってそういえばこんな花だった、、、とまじまじとみてしまいます。

圃場の一画に売り物ではなさそうなアケビが生えていました。
IMG_6538

野生っぽい色もdetailも好き。
「惹きつける力」を感じます。

さて現場・・
前日の勉強会での同業者同士の会話は
「全く仕事にならない」

そう、ここ数ヶ月の多雨でなかなか工事が進まなくなっています。
今オーニングの取り付けを予定している現場もありますが、テント業者、看板業者さんも同様です。
「日程の調整がつかずギリギリまで作業日を伝えられず申し訳ありません(>_<)」
との連絡が入りました。
電話をかけると 催促 かと(まぁそうなのですが) 思われ電話に出なくなってしまう 左官屋さんもあります。

先日ある番組で多くの気象予報士が 「ここ数年、天気を予報するのがとてもむずかしくなった」
といっていました。

私の先生である徳田先生は
「これからは耐暑性、耐寒性 だけでなくあらゆる環境にも耐える ”耐候性” であることが最も大事」
とおっしゃっていました。

植物同様 仕事もマルチでないと 生き残っていけないですね。

その点弊社はリフォームも手がけているので 先日も同業者の方に 「理想ですよね」 と言われました。
本当にそう思います。 今もキッチン、玄関リフォームを相談されているので こんな雨続きでも悲観的にはならずに済むのです。
それに 同業者ほど悲観的にならずに済む、というのは経営の話ではありますが、実際の「暮らし」という部分についても 外と中を一緒に考えられる、というのはこれからとても大事になってくるのでは?と思っています。
勿論、庭工事は遅れているのでその点に関しては楽観的になれず本当に心苦しいのですが。

IMG_6454

IMG_6511

とはいっても雨、暴風、、、、悪天候の中 頑張ってくれているスタッフには足を向けて寝れません。
一つ一つ進めていくしかないなかで大きな力となっています。

納期がずらせない芝の到着。 先週も今週もよりによってどしゃ降りの中での芝はりとなってしまいました。 本当にありがとう。

これからはこういったイレギュラーな天気が当たり前になるかもしれないですね。
色々と対策には着手しています。

 


ローズマリー

Edit 

ショールーム前の花壇を手入れしていた際 剪定したローズマリー。

コップに水をためて枝を入れておいた。

 

のをすっかり忘れていて 気がついたらこんなに根がでていました。

ショールームのバックヤード、いわゆる”冷暗所”が良かったのかも。

 

 

冷暗所で静かに、でも激しく細胞が分裂して こんなに沢山の根が生まれた。

 


Mistletoe

我が家に回覧板を回しにくるのは近所にすむ テキサス出身のアメリカ人の方なのですが、

”Mistletoeって知ってる?”

と我が家のツリーハウス前にあるヤドリギを指差しました。

ヤドリギは知っているけど 英語では知らなくて。

そうしたら意味まで教えてくれました。

 

”Mistletoeの下でキスをすると叶うという伝えがあるんだよ”

と。

Mistletoeの真下で説明聞いていたので このままキスされたらどうしよーと は思いませんでしたが (笑)  

”言い伝え”

ってロマンチックだなぁと。

今はなんでも 効用や役割とか目に見えたり体感できたりする現実的な事ばかりが 選択時の基準になっていますが 選ぶ庭木にまつわる神話や言い伝えを知るのも 面白いかと思います。

  

我が家の前にはアリウムトリケトラムが満開中。

 Edit

お知らせ 

この度スマートフォン対応のプレジャーガーデン ホームページが出来ました。

スマートフォンにて

http://www.pgarden.com

と入力していただきますと 自動的にスマートフォンサイトに切り替わり見やすく表示されます。

ご活用いただけましたら幸いです。

*ツリーハウスは子供たちのプライベート使用となっているため申し訳ありませんが公開はしておりません。


花粉が辛くも花は楽しみな季節

IMG_6368
管理をしているお客様のお庭の宿根草や春咲き球根が沢山の蕾をつけはじめ、花盛りのものも。
IMG_6376

アネモネにスミレ

そして

IMG_6379

ムスカリ

写真のムスカリはこれから咲き始めるのも含めて ピンク、青、白・・

庭って本当に成長していくものなのだとお客様の庭を管理していると思う。

自分はどうだろう。 成長しているのだろうか。

今日は日曜日で長女の通う学校のPTA役員会でした。
卒業された保護者で役員されていた方を見送る会だったのですが、進路(大学)を決めるにあっての子供との葛藤や応援、授業料のこと、、、

ディープに色々と話を聞いてきました。
まだまだ当分はムチ打って働かないといけないのだな、、と実感。

 


ハーデンベルギア

昨年花粉症を緩和できるというレーザー治療をし 以前に比べて何十倍も楽になりました。

アレルギー科の先生ありがとうございましたm(_ _)m

といいつつまだ症状は軽いながらも出ています、、
そんな憂鬱な日々ですが3月の呼び声と共にあちらこちらで開花している花々から元気をもらっています。

IMG_5919

植え込み場所が決まるまでプランターに植えられ玄関先においてある ハーデンベルギア が開花中♫

ハーデンベルギアは蕾もかわいいですよね。

IMG_5923

昨年中目黒に通っていた際、教室の近くのカフェ階段にグルグル巻に絡まって見事だったハーデンベルギアに魅せられ 我が家用にも育てはじめました。

花のボリュームもあり丈夫で育てやすいのに 海のそばではなかなか成長している姿を見たことありませんでしたので ただいま実験中です。

昨年度大きな被害をもたらした台風の際にも特に問題なかったので 環境的には大丈夫なのだと思います。 今まであまり流通がなかった、ということでしょうか。

蔓性植物はプランターでも育てられる物がおおく お庭の立体感を出すのに最適ですよね。

ただ成長した姿もイメージしないと ご近所様の庭に侵略したりもしますので お気をつけください。

春ですね~

年間管理のご契約をいただいているお客様の管理作業が再開する月でもあります♫

さぁまた忙しくなります!

今年も 管理作業をお手伝いしてくださるスタッフの募集をさせていただくと思います。

その際にはまたご案内を致しますので気になる方はブログをチェックしていてください。