カテゴリー別アーカイブ: 母として 妻として

To Portland

感動的な再会をした翌日は お姉さん達とポートランドに移動。

写真 2016-02-19 4 13 22
シアトル出たときは晴れていたのに

写真 2016-02-19 8 08 09
ポートランドはやはり雨でした。 

長女Betsyはカソリック教会でYouth Groupの指導者
次女Carolは大きな通信会社を経営している旦那様の仕事うキャリアウーマン

どちらもとっても忙しくしているのに、そして男の子3人もいるのに。。 家の中は全くそれを感じさせない整いよう。 

素晴らしすぎる。。
本当に尊敬してしまうのに 「りなはどうやってマネージしてるの?」と。 私なんて足下にも及びません。 

Betsyの家 古い家を改装中

IMG_9552

IMG_9556

写真 2016-02-19 9 56 09

2014年にたずねた時のCarolの家
IMG_0053

掃除が上手とか そういう問題ではなくてやはり生活の場における家族の過ごし方やルールが徹底している。

そして海外の働くお母さんの多くは実は日本人が思っている以上に大変だと毎度思う。

勿論比較できない事も多いけれど。

地元についたらTammyに母校を見せよう!というので 校内にはいる段取りもしてくれてみんなで中をツアー。 校舎は新しくなり図書館もどこもかしこも学生が勉強しやすい環境が充実していました。
廊下には歴代の卒業生の写真が展示されています。 勿論私の写真も。
12779122_10153876293589831_5653260185803127457_o

12745970_10153876293604831_2655445398197932348_n

写真 2016-02-19 8 48 51

写真 2016-02-19 8 47 23

その後は夜に行われるファンドレイズのゲーム大会の準備。
こういうのって楽しい。

写真 2016-02-19 10 36 16

写真 2016-02-19 11 25 47

写真 2016-02-19 12 48 42

「ママ 訳さないでいい、自分でしゃべらせて!」

写真 2016-02-19 13 26 55

そういって私とは離れてゲームに参加していたTammy。

その好奇心に溢れた姿が30年前の自分をみているようで ぐっとくるものがありました。 

 


いい夫婦の日

IMG_4383

今日11月22日は 「いい夫婦」の日なんだそう。
東京を急いで離れ夕食は家族でセルジオの用意してくれた夕飯をいただきました。
最近よく 国際結婚について聞かれ
「旦那様が外国人だと優しそう」と言われます。 たしかに彼は優しいですが、同じに家庭内の事でやるべき事、特に子供の事より仕事を優先してしまうと怒ります。
意外と外国人の夫の方が家庭内の女性の役割についてはっきりとしている気がします。 特に日系ブラジル人は家族を何よりも大事にするのでそうなのかもしれません。

ともあれ、、いい夫婦かどうかは?ですが、いい夫ではあります。 
感謝感謝。

さてどこの業者も泣いているように私たちも雨で工事段取りが変更になったりとしていますが雨でも出来る事を進めながら年末にむかってすすんでいます。

合間をぬって昨日から明日までの3日間、風水を集中的に学んでいます。

前にも書きましたが風水といえば Dr.〇〇のような方や 〇ミ〇ーさんが思い浮かぶところでしょうが 私の習っている風水は環境学的なものであるので学問的にもとても面白いです。
問題は そう簡単に会得できるものではない、という事。 いつもと違う脳をつかっていますが、それはまた新鮮です。 

今日は家相を少し学びました。
その中で犯罪を犯した少年達の住んでいた家の間取りをみました。
はるか昔、ハイスクール時代にとっていた社会学の授業で犯罪者が生まれる環境について学びましたが30年たっても 犯罪者が生まれる環境は変わっていないのですよね。 
犯罪に手を染めるに至るまでの家庭内での過ごし方が原因なのですが、経験や今の学びをいかして

もっと自分にも出来る事があるのではないか

そんな気がしてきました。

来年からは少しづつですがそんなことにエネルギーを注いでもいきたいです。

まずは今進行中の現場ですが。

最近工事


おおきな きが ほしい

写真 2015-10-11 9 43 29

先週末、海辺の近くのお客様宅に ”マテバシイ” を植え込みました。
耐潮性ある大きくなる常緑木です。

特に見た目に特徴があったり、花や香りを楽しむ、、、、という木ではないのですが
Facebookで紹介したところ 友人が 「おおきな きが ほしい」 という 絵本を紹介してくれました。

写真 2015-10-13 8 15 37

とても有名な絵本だったようですが私ははじめて知りそして読んでみたら 大きな木にツリーハウスを作り、そこでほっとケーキを焼いたり、ストーブにあたったり、、大人が読んでもわくわくする、想像の世界に引き込んでくれるとっても素敵な絵本でした。 教えてくれてありがとう。

写真 2015-10-13 8 16 27

絵本の中で主人公のかおるが最後に小さな”マテバシイ”の木を植えるのです。

写真 2015-10-13 8 16 37

写真 2015-10-13 8 15 57

我が家にもセルジオがコツコツと作ったツリーハウスがありますが 男子の遊び場になっています。
もう高校生なのでなかなかここで遊ぶこともなくなってしまいましたが、、

IMG_9678

この絵本をよんで久しぶりに 
「自宅とツリーハウスを吊り橋でつないだらおもしろいね!」
なんて作り始めのころ妄想していたのを思い出しました。
 
IMG_1991

子供たちが小さい頃、さてどれくらいの絵本を読んであげたかな、、、と。
仕事をはじめてすぐに子供ができたので忙しくあまりそういった事をしてあげられなかったお母さんでした。 

絵本の中のツリーハウスには小さなキッチンがあるのです。 
現実にそんな事が出来たらなんて素敵なんでしょう。 
子供たちに絵本を読んではあげられませんでしたが 実物作ったら喜んでもらえそうですね!
出来る頃には孫の世代になっているかもしれませんが、、 
妄想は続く・・・


木製扉バファイン使用例

先日木製外部用ドアの記事を投稿したのを覚えていらっしゃいますか?   こちら

その先小さい写真しか残っていなかったと思っていたキッチンの写真を見つけたので紹介させていただきます。
2001年の工事でした。
2001年といえばまだ2番目の子が1歳でしたね。 
2番目の子供が産まれてからは店番に一人女性を雇ったのですが、
「出勤初日からいきなり子供を置いてリナさん打ち合わせ行っちゃうからびっくりしましたよ」
と後で言われました(苦笑) 
確かに 預けられた方はびっくりしますよね。 
契約した内容以外の仕事として訴えられてもおかしくないですが その時は本当に助かって、そしてお給料払うためにただただ必死で働きました。

そんな彼女は結局それから10年近く手伝ってくれました。 もっとかな、、
今でもお付き合いあります(*^_^*)

さてキッチン。
もともとは 丸太を半分にカットしたもが壁に積み上げられたログっぽい内装だったのですが、小さな窓から射し込む光が暗くまたログ調の内装が場に圧迫感を与えていました。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

壁に大きな開口を設け新しい窓とドアをはめ込みました。
開口した際、光りが部屋にいっき入ったのが印象的で今でも記憶に残っています。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

もともとこのレンジが合った場所に 昭和なキッチンの「流し」があったのですが、外を見ながら洗い物ができるよう流しの位置をかえ、レンジの前は外からの光りを室内に多く拡散できるようデコボコ感のあるタイルをはってみました。

光りが乱射して明るいですし、清潔感も漂っています。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

もともととてもおしゃれに暮らしているお客様で私も色々と勉強をさせてもらいました。
懐かしい現場ですが、この写真を見る限り14年前とは思えないです。

やはり流行を追わないデザインはいつみても新鮮ですね。
これからも心がけます!

 


つるバラの女王   ピエール・ド・ロンサール

玄関先に ピエール・ド・ロンサールが咲きました。
初心者向けの人気のバラで我が家には玄関先のプランターに1株植えてあります。

花でも星でもなんでも名前はありますが、なぜその名前になったのか、知るのは面白いと思いませんか?
または色々な言葉の語源とか。
何も考えたくないときにはついついパラパラと「語源辞典」をめくってしまいます。

ずっとこの薔薇 「ピエール・ド・ロンサール」の名前の由来が気になっていたので調べてみた所・・・

IMG_6804

酒にばら そそがなん、
そそがなん、酒にばら。
つぎつぎに 飲みほさん、
飲むほどに 胸深き
悲しみは 消えゆかん。

美しき 春のばら、
教えるよ、オーベール、
この時を たのしめと、
若き日の、青春の、
花の間を たのしめと。

咲くと見し、その日はや
色褪せて、散れるばら、
われらまた この齢
束の間に 衰えて、
人生の 春むなし。

きのうなり、プリノンと
ともに飲み、語りしは。
あわれ、今日 はや葬り、
いささかの 灰となり、
残れるは 名のみなる。

のがれえず、死のさだめ。
黄泉の舟 へだてなし、
王侯も、貧しきも。
時去れば、ばらよ、われ
汝をしも うたうまじ

ばらは園のほこりよ、
こよなく美し花、
すべてに秀する花。
そのゆえに キプロスの
すみれとも 称うべし。

ばらはアモルの花束、
借りて巣の手すさびよ。
ばらは 夜のひきあけに、
真珠もて かざられて、
その化粧 ほの白し。

ばらは神々の香り、
ばらは乙女のほこり。
高貴なる黄金よりも
よろこびて、その胸に
かざるなり、初花を。

ばらなくて なんの美ぞ
ばらありて 美あまねし。
ウェヌスは ばらの肌、
アウロラは ばらの指、
朝日子は ばらの額。

ニンフらは ばらの胸、
肱 脾腹 腰もまた。
ヘペは手に ばらあふれ、
色白き カリテスも、
その額 ばらに満つ。

われもまた ばらの冠、
こはわれの 月桂樹。
いざ 呼ばん、酒神を、
よき父を、飲ましめん、
百のばら 侍らせて。

うつつなし、バッカスは、
くれないの はなびらに。
ばらはそのつねの友。
葡萄棚、その下に、
櫬衣(シャツ) はだけ飲む夏も。

俳句の迷宮より

フランスの詩人の方にちなんで命名されたそうです、 なぜピエール・ド・ロンサールだったのか、、
それはもうちょっと調べています。 あまり書いていないですね。 「なぜ」かは。
結構「なぜ」を知ると面白いとおもうのですが。

wiki先生によるとフランスの詩人の方でした。 こちら

他に

「明日のことは考えず、今日のために薔薇を集めよう。」

という名言も残されていました

IMG_6791

    明日のことは考えず、今日のために薔薇を集めよう

確かに名言ですね

IMG_6796

美しく咲く花を見ると写真を撮りたくなりますが 最近は「また後で出直そう」とその時を見送ってしまう事も(-_-)

でも次のその花を見に行くと 最初にみた時のような美しさが消えてしまっていることも。
やはり 花のピークの時は私達は知らないうちにそのオーラに引き寄せてられているのでしょう。

ついつい 上から目線で私達が気づいてあげているようなとらえ方をしてしまいますが。
違うんですよね。

そしてこの詩は美しく咲く薔薇だけでなく仕事や目の前にあっても気づかないチャンスをさしているようにもとらえられます。

もっともロマンティックな詩を書いたピエール・ド・ロンサールさんは純粋に薔薇の事を書かれていたの
だと思いますが。

先週末と週末は子供の学校関係と進路の事で走り回りました(>_<)  しかしこれは just a beginning・・・ 大学進学が全てではないと思っていますが、まずは今何ができるか、どんな選択肢がるのか、、本人はどうしたいのか、、 仕事よりも複雑ですね・・


玄関リフォーム中♪

IMG_6737

ガーデン、ショップ、パーゴラ、、洗面所工事等過去にもその都度工事ご依頼をいただいていた プロボディボードショップ Live in clover オーナー様からの玄関リフォームご依頼。 いよいよ工事が始まりました。

強風に煽られドアが持って行かれてしまい危険、などはじめてご依頼をいただいた頃から気になっていた箇所をいよいよ手術です。

ポーチを利用して玄関部分を広く計画ですが、ドアの位置、向きも変えるので 今まで感じていた不便さや危険さは解消できると思います(*^_^*)

ずっとずっと 都度他の箇所の打ち合わせ度に「本当は玄関を直したいのだけど。。」と言われていて それがようやく実現するのです。

玄関ポーチに新しく出来る壁の下地が出来た際は何度も出入りのシュミレーションをしてワクワクしてくださったようで。
私も長年その想いをずっとうかがっていたので しっかりとしたものを必ずお届けしたいと思っています。
勿論、それはどのお客様に対しても同じなのですが。

IMG_6689

本当に色々な工事をさせていただいているので プレジャーガーデンのショールームよりもショールームらしいのではないかと、、(^^;)

私は実家がサーフショップだったので サーフショップで生計を立てていくことの大変さは本当によくわかるのですがそれでもこうしてプレジャーガーデンにご依頼下さる事に本当に感謝致しますしビジネスの発展に微力ながらも協力出来れば、と心から思っています。 勿論 私がそんなお仕事の心配をする必要もないかもしれませんが。 

IMG_6734

お庭のハクチョウゲも絶賛満開中でした(*^_^*)

IMG_6732

通路や植栽も作らせてもらいましたがその奥にあるレッドシダーの外壁であるショップも弊社で立てさせていただきました。  我ながら格好いいお店だとおもっています♪  
扱っている商品もおしゃれなものが多いのでホームページなど是非チェックしてみてくださいね。

IMG_6733

お店は小さな看板が目印です(*^_^*)

こちらの進捗もまた報告していきますのでお楽しみに!

増築 → キッチン工事は台風の影響で予定変更。
お庭の工事もいくつかの現場が進んでいます♪

ここの所現場の朝が早く我が身の準備に十分な時間がさけず相変わらずお見苦しい姿で申し訳ございません(>_<) 「美しくて」「仕事も出来て」「素敵なお母さん」を目指さないといけない風潮ですが 全く追いつきません(笑)。。。。  


Kumquat  金柑の季節

IMG_6480

大好きな金柑の季節です♡

IMG_6472

庭の金柑はまだ小さかったので、、、購入してきた金柑で甘露煮。
毎年恒例となりました。

IMG_6476

その後週末にパウンドケーキにして

IMG_6496

焼き上がったら

IMG_6501

おやつ用と

IMG_6506

プレゼント用に。

最近は タマゴや小麦粉、牛乳、砂糖、ベーキングパウダーなどを使用してつくったお菓子を食べない方も多い。

我が家は誰もアレルギーもないので(花粉以外) 必要量は特に気にせず使っていますが 作ったものを差し上げるときは 気にしてしまう事も。
-----------------------

金柑は ご自宅のお庭に植えるのにもお薦めの一本です。

常緑でそれほど大きくならず 丈夫。 目隠しなどにおお使いになれますね。

そして何より個人的にはこの濃い緑のモコモコに小さなオレンジ色の粒が実っているその姿がなんともかわいらしくて好きなのです♡


花粉が辛くも花は楽しみな季節

IMG_6368
管理をしているお客様のお庭の宿根草や春咲き球根が沢山の蕾をつけはじめ、花盛りのものも。
IMG_6376

アネモネにスミレ

そして

IMG_6379

ムスカリ

写真のムスカリはこれから咲き始めるのも含めて ピンク、青、白・・

庭って本当に成長していくものなのだとお客様の庭を管理していると思う。

自分はどうだろう。 成長しているのだろうか。

今日は日曜日で長女の通う学校のPTA役員会でした。
卒業された保護者で役員されていた方を見送る会だったのですが、進路(大学)を決めるにあっての子供との葛藤や応援、授業料のこと、、、

ディープに色々と話を聞いてきました。
まだまだ当分はムチ打って働かないといけないのだな、、と実感。