月別アーカイブ: 2015年2月

ウッドフェンス準備

IMG_5900

ようやく晴れました。

(明日はまた雨マークですが・・・)
お待たせしているお客様のフェンス準備を致しました。

これが終わらないと次に進めない、、、という事もありますが 準備出来るうちにしておかないと・・・

こちらは木更津の現場で使う木材です。

現在、駐車場の仕上げをするべくスタンバイ中。

IMG_5013

すでに車を止められるようにコンクリートの土間うちも終わっており、そしてこの上にウッドデッキも作られ仕上げ待ち。

IMG_5896

昨日がなければ今日がない。
今日がなければ明日もない。

色々な積み重ねの中で 何事も深みを増していくのだな、、と
感じる今日頃頃。

昨日は庭園療法の先生 アナグリウスケイ子先生のレッスン。
クロッカスが咲いて居ました。 奥に見えるバスケットにはいったクロッカスは私が置かせてもらった商品ですが こちらはまだ芽が出ています。

夜は アルフレックスジャパンにて パオラレンティのアウトドアコレクション のレセプションに出向いて参りました。

とても高級なアウトドアコレクションではありますが、その裏付けとなる舞台裏を今回最初で最後、movieで公開されるというせっかくの機会。

一つ一つ、プライドをもった熟練職人の手から生まれる 工業製品とは異なる手作りのファニチャーは本当に素晴らしかったです。

2FullSizeRender

8FullSizeRender

4FullSizeRender
5FullSizeRender

7FullSizeRender

12FullSizeRender

こういったコレクションを是非とも我が庭に!とお考えの方と出会うかもしれない時の引出し作りができました。

勿論、ご購入のお手伝いも致します。

ご招待いただきありがとうございました。

 

 

 

 


根セロリ セロリアック

IMG_2191

 

昨日は08時、10時、13時 という3件の打ち合わせでした。

13時のお客様がフレンチレストラン シェ・レザンジュ のランチに連れていってくださり そこではじめて根セロリを拝見, サラダにて いただきました。
根セロリ(セロリアック)  → 詳細 なるほど

”セロリ” という名がついていますが、 セロリっぽさくなく とても食しやすかったです。

IMG_2190

こちらのかぼちゃのスープは 女子心をくすぐる一品でした。
N様 素敵なランチをありがとうございました♡

昨日はガーデン、外構、キッチン、バスルームの打ち合わせ3案件をさせていただきました。


ドイツのお庭

IMG_5786

出来つつあるお庭

先日 植栽部分の打ち合わせの際 ドイツでのお庭について色々とお話うかがいました。

長い歴史の中から生まれたドイツの景色の中の庭。

広い芝生に リンゴやプラムの木を植える、、というのが多く見られる景色だそうで

とてもシンプル。

芝生にある果樹の木陰でゴロンとしたり、収穫を楽しんだり、

シンプル, but  リッチ(豊か)

打ち合わせなのに またまた色々と勉強になってしまいました。

お客様から色々と 「ものの考え方、見方」 について個人として学ばせてもらう事が多く
この仕事をしているからこそ出逢えた皆様とのご縁に本当に感謝です。

というわけで ハードな工事もまだ続いてはおりますが、芝生、植樹などの工事打ち合わせも続いております(*^_^*)


週末雑感

IMG_5838

昨日も雨でした。

が、新規で御相談くださったお客様との初打ち合わせ&初現調

土木がらみの工事も多く現場には担当の方がいらっしゃってました。
名刺をお渡ししたら 「プレジャーガーデンの名前は聞いたことがある」と。

嬉しいですね。

打ち合わせはショールームで行いまして その際現場の状況、ご自宅の設計、お客様が希望されている事などをうかがいます。

今回は どちらかといえばバリのような、、、
「ヨーロピアンな感じではなく・・」

 
お客様の言葉から色々な事を読み取るのですが ここではいつも

「相手が何を伝えようとしているのか」

発せられる言葉の発せられなかった部分の理解力をつけられた通訳者時代に感謝です。

ともあれ、そんなバリなイメージを希望されていましたので 早速その場でバリで撮りためた画像をいくつかみていただき、、、

IMG_3341

 

その後建設予定地を拝見したら イメージされていることが違和感なく景色に馴染むようなロケーションで私もワクワクしてきました♡

 

 

 

 


木粉配合人工素材

(null)

ブログをホームページと直結した管理下に置くため 今後は新しいフォームを使っての投稿となります。

不慣れなためお見苦しい表示でありますが使いながら慣れていきますのでお許し下さいm(_ _)m

写真はウッドデッキをリニューアル予定のお客様への提案に使用した人工のデッキ材です。

木製のデッキの風合いは捨てがたいのですが人工のもののメリットも多いですね。