月別アーカイブ: 2015年5月

蘇鉄畑と琵琶畑

image1

ビワの種

家に対するおおまかなイメージはずっと昔から自分の中で決まっていて 不思議とそこから変わった事がありません。

勿論実際に建てる時になったら その時代にあった未来を見据えた資材もあるので細かい所は流動的だと思うのですが。

心の中で思い描くマイホームは決まっているのに庭はどうも具体的なイメージがわかなくて。 

というのも自然な感じがいいな、、、というのはあるのですが 長年外まわりをどう囲うかをずっと妄想していて(土地もないのに (苦笑)) まずはそれを決めてから庭を決めたいと。

木製のフェンスにするとか
生け垣にするとか

色々とチョイスはあるのですが 妄想している立地ではもっと景色に馴染む方がいいのではないか、、と
これまた勝手に思っていて。 

私は家の周囲をしっかりと囲いたいタイプで しかも外から中を見られたくない、秘密的に暮らすのが夢なのです。

でも生け垣にしたいと夫にいえば

「どうせ管理は僕がやるのでしょう」 と速攻却下されたので(妄想なのに) 

それはなくなり、ウッドフェンスはどうかというと

「どうせ塗り直すのは僕でしょう」 とこれまた却下されそうなので

ずっと何がいいのかな、、、と考えていました。

昨年、息子のサッカーの試合ついでに 海岸美術館を訊ねた際 駐車場にソテツが列植されていて とても素敵でした。 

それをいつかやってみたい、と思っていたらそのさらに凄いバージョンが岡山後楽園にあり
IMG_6064

IMG_6063

自分の中ではほぼ決定しました。 

がしかし、もっと高いところも目隠ししたいので 常緑で葉の形も大好きなびわの木を植えたい、、と思っていた所 スタッフよりご実家で収穫されたというビワを沢山いただき、、、 

種を植えていつか植樹できるまで育ててみようと思いました(^^;)

妄想ですが ソテツが道路側に列植され、その内側にビワの木を植える予定。 
家に近づくと田村一村が描いた絵にあるような景色の中に四角いブラジルの設計氏にその昔依頼して設計してもらった家の外壁がチラリと見えるのが私の描く景色なのです。 

現実的には隣の梨畑が突然なくなり秘密どころか借家の我が家が丸見えで本当に困っています(涙)
(妄想を現実にするため借家の傷んだ部分の補修は断念しています)

 


Good Job!

IMG_6880

進行中の現場の一つ。

庭木も入り クローズドされたリゾートのような出来あがりとなり本当に素敵です。

お施主様にも

”Good Job!” 

と言っていただき他の現場同様大幅な遅れを現場スタッフ増員しながらおいついてきています。

スタッフの皆も本当にお疲れ様です。

クライアントに外国のかたも多く錆び付いた英語を駆使しています。 
先日娘の英検対策講座体験にひょんなことから参加することになりものすごく真剣になってしまいました。
あらためて、勉強出来る時に一生懸命しておくべきだと痛感。


現在進行中の工事

ガーデン工事、リフォーム工事が平行して進んでおります。

IMG_6517

すでに色の仕上げはすみ、落ち着いた赤色になっていますが、これは塗り途中の写真
浴室の外につける鉄格子をお客様お好みのREDで塗り替えました。
付けたらどんな風になるのでしょうか。
なかなかないご依頼なので楽しみです。

IMG_6828

IMG_6827

フェンス工事がほぼ終わりましたがその下の石積みが残っています。
在庫を使い果たしてしまったのか しばらく石が入荷せずだいぶお待たせをしてしまいましたがその間 芝貼り、スプリンクラー工事もいたしました。
フェンスはしっかりと作りましたので幾度かの強風にも耐えました。
相当な量の石を使用していますが景色に馴染みお施主様にも大変気に入ってもらっております。

IMG_6744

こちらも石積みですが、こちらはコッツウォルドストーンを使用しています。
現在アーチを作成中。 
工事が遅れていたところに お施主様の拘りを形にするのにまた時間がかかってしまい申し訳ありませんでしたがここにワイヤーを固定し 蔓性植物が絡みやすいような作りとします。
お庭の完成が大幅に遅れてしまい本当に申し訳ないのですが気に入っていただけるお庭となるように頑張ります。 

IMG_6787

これもこちらの現場にて使用するものですが、人目にはふれない所に使用します。 さて何になるのか、、楽しみにしていてくださいね。
カットし、溶接をしオリジナルな資材を今回もお作りしています。

IMG_6740

玄関リフォーム工事  前回の記事はこちら

その後順調に進行しています。

IMG_6824

「ここは本当に風が強いですね!」
と大工さんも言っていましたが 新しく囲われた元ポーチの中は風を感じる事もなく安全な空間へと変身しつつあります。
IMG_6823

今日からはあらたにキッチン工事も始まります。
当初御相談をいただいたのは建物内の別の箇所でしたが せっかく屋根もあるのですし、こちらに部屋を作ってキッチンにした方が良いのではないか、、と提案をさせていただきました。
お施主様の御家族にもそのようなご意見があったようで今回ここをおしゃれなキッチンへと変身させます。

IMG_6806

私自身の役割としてはお客様の求められているものをライフスタイルや好みと照らしながら形にしていくこと。

「何か変えたいのだけどどうしていいかわからない、、」
などございましたら是非御相談ください。


つるバラの女王   ピエール・ド・ロンサール

玄関先に ピエール・ド・ロンサールが咲きました。
初心者向けの人気のバラで我が家には玄関先のプランターに1株植えてあります。

花でも星でもなんでも名前はありますが、なぜその名前になったのか、知るのは面白いと思いませんか?
または色々な言葉の語源とか。
何も考えたくないときにはついついパラパラと「語源辞典」をめくってしまいます。

ずっとこの薔薇 「ピエール・ド・ロンサール」の名前の由来が気になっていたので調べてみた所・・・

IMG_6804

酒にばら そそがなん、
そそがなん、酒にばら。
つぎつぎに 飲みほさん、
飲むほどに 胸深き
悲しみは 消えゆかん。

美しき 春のばら、
教えるよ、オーベール、
この時を たのしめと、
若き日の、青春の、
花の間を たのしめと。

咲くと見し、その日はや
色褪せて、散れるばら、
われらまた この齢
束の間に 衰えて、
人生の 春むなし。

きのうなり、プリノンと
ともに飲み、語りしは。
あわれ、今日 はや葬り、
いささかの 灰となり、
残れるは 名のみなる。

のがれえず、死のさだめ。
黄泉の舟 へだてなし、
王侯も、貧しきも。
時去れば、ばらよ、われ
汝をしも うたうまじ

ばらは園のほこりよ、
こよなく美し花、
すべてに秀する花。
そのゆえに キプロスの
すみれとも 称うべし。

ばらはアモルの花束、
借りて巣の手すさびよ。
ばらは 夜のひきあけに、
真珠もて かざられて、
その化粧 ほの白し。

ばらは神々の香り、
ばらは乙女のほこり。
高貴なる黄金よりも
よろこびて、その胸に
かざるなり、初花を。

ばらなくて なんの美ぞ
ばらありて 美あまねし。
ウェヌスは ばらの肌、
アウロラは ばらの指、
朝日子は ばらの額。

ニンフらは ばらの胸、
肱 脾腹 腰もまた。
ヘペは手に ばらあふれ、
色白き カリテスも、
その額 ばらに満つ。

われもまた ばらの冠、
こはわれの 月桂樹。
いざ 呼ばん、酒神を、
よき父を、飲ましめん、
百のばら 侍らせて。

うつつなし、バッカスは、
くれないの はなびらに。
ばらはそのつねの友。
葡萄棚、その下に、
櫬衣(シャツ) はだけ飲む夏も。

俳句の迷宮より

フランスの詩人の方にちなんで命名されたそうです、 なぜピエール・ド・ロンサールだったのか、、
それはもうちょっと調べています。 あまり書いていないですね。 「なぜ」かは。
結構「なぜ」を知ると面白いとおもうのですが。

wiki先生によるとフランスの詩人の方でした。 こちら

他に

「明日のことは考えず、今日のために薔薇を集めよう。」

という名言も残されていました

IMG_6791

    明日のことは考えず、今日のために薔薇を集めよう

確かに名言ですね

IMG_6796

美しく咲く花を見ると写真を撮りたくなりますが 最近は「また後で出直そう」とその時を見送ってしまう事も(-_-)

でも次のその花を見に行くと 最初にみた時のような美しさが消えてしまっていることも。
やはり 花のピークの時は私達は知らないうちにそのオーラに引き寄せてられているのでしょう。

ついつい 上から目線で私達が気づいてあげているようなとらえ方をしてしまいますが。
違うんですよね。

そしてこの詩は美しく咲く薔薇だけでなく仕事や目の前にあっても気づかないチャンスをさしているようにもとらえられます。

もっともロマンティックな詩を書いたピエール・ド・ロンサールさんは純粋に薔薇の事を書かれていたの
だと思いますが。

先週末と週末は子供の学校関係と進路の事で走り回りました(>_<)  しかしこれは just a beginning・・・ 大学進学が全てではないと思っていますが、まずは今何ができるか、どんな選択肢がるのか、、本人はどうしたいのか、、 仕事よりも複雑ですね・・


価値とは・・・

IMG_6755

薪ストーブの相談にいらした方に 薪ストーブのある暮らしがどれだけ価値あるモノかをお伝えした。
薪ストーブのある暮らしへの憧れをもっている人の殆どはなんとなく憧れていてつけてみたい、という所からだと思うのですが、やはり取り付けた後は想像以上の(お値段以上)の価値をそこに見いだせると思う。 

朝起きてきたときの部屋のぬくもり。

体の芯から温まり風邪をひかなくなったり
料理が楽しくなったり
夜の時間が楽しみになったり

などなど、、
カタログには書かれていない 実際に愛用している私からの言葉は本当だ。

古い中古物件を買われた方などは いわゆる「台所」が北側にある場合が殆どなので冬は食器棚の食器もかなり冷たくなる。
料理を盛り付ける前に ストーブのそばであたためられたり (私はこれをして毎年冬の訪れを感じる)

そこにはなんとも言えない温かい空気が漂う。 

それが薪ストーブの価値なのだと思う。

そして私はそれを知っている。

先日ある取材にともなった撮影がありました。
スウェーデン人のカメラマンさんと我が家の作りについて色々と話をしていった中で

クガ 
「床は仮のものでただ木材を並べているだけなんです、だから冬になると木材が乾燥して隙間ができてしまって・・」

カメラマンさん 
「こういう木材はスウェーデンでは昔は下地に使われていてこの上から仕上げの床材を敷いていたんだけど 最近は仕上げの床材をはがし使う人が増えている。 こういった”隙間”はとっても贅沢なもので価値があるものなんですよ、スウェーデンでは」 

とうかがった。 

たしかに私自身は仮置きだったこの木材の床が嫌いではない。
ただリフォーム業も仕事にしているので”隙間”って人にはどう映るかしら・・・

というのはあった。

最近 モノやサービス、仕事についての「価値」についてよく考える

類似した業者がいっぱいいるなかで どうしたら価値を見いだしてもらえるか。 

価値を伝える事も大事なのですが、お客様が私達に価値を見いだしてくれるかが大事。

価値を押しつける事はせず、でもどこかちょっとでも共感してもらえるものがあったら いいものが出来るのではないかと思う。

見た目や表面的なものはお施主様の好みもありますし結果表れるものであって 「何に価値を感じるか」という内側の部分の共感や理解。

「生き方」って「何に価値を感じるか」によってすごく左右されているな、と思うように。
それはお客様から学ばせてもらっているのですが・・
自分が思う所の価値を偽ってしまうと毎回仕事で必要以上の無理な背伸びをしなくてはならなくなったり、それでも上手くいくこともあるとは思うけど毎回は辛いのではないか。

低空飛行でも長く遠くに、、
をモットーにしているので自分自身が長く続けられるスタイルにしていかないといけない。 
それはやはり自分に正直であり続けることなのかな、、と。  

さて今日も忙しい・・・(*^_^*)


玄関リフォーム中♪

IMG_6737

ガーデン、ショップ、パーゴラ、、洗面所工事等過去にもその都度工事ご依頼をいただいていた プロボディボードショップ Live in clover オーナー様からの玄関リフォームご依頼。 いよいよ工事が始まりました。

強風に煽られドアが持って行かれてしまい危険、などはじめてご依頼をいただいた頃から気になっていた箇所をいよいよ手術です。

ポーチを利用して玄関部分を広く計画ですが、ドアの位置、向きも変えるので 今まで感じていた不便さや危険さは解消できると思います(*^_^*)

ずっとずっと 都度他の箇所の打ち合わせ度に「本当は玄関を直したいのだけど。。」と言われていて それがようやく実現するのです。

玄関ポーチに新しく出来る壁の下地が出来た際は何度も出入りのシュミレーションをしてワクワクしてくださったようで。
私も長年その想いをずっとうかがっていたので しっかりとしたものを必ずお届けしたいと思っています。
勿論、それはどのお客様に対しても同じなのですが。

IMG_6689

本当に色々な工事をさせていただいているので プレジャーガーデンのショールームよりもショールームらしいのではないかと、、(^^;)

私は実家がサーフショップだったので サーフショップで生計を立てていくことの大変さは本当によくわかるのですがそれでもこうしてプレジャーガーデンにご依頼下さる事に本当に感謝致しますしビジネスの発展に微力ながらも協力出来れば、と心から思っています。 勿論 私がそんなお仕事の心配をする必要もないかもしれませんが。 

IMG_6734

お庭のハクチョウゲも絶賛満開中でした(*^_^*)

IMG_6732

通路や植栽も作らせてもらいましたがその奥にあるレッドシダーの外壁であるショップも弊社で立てさせていただきました。  我ながら格好いいお店だとおもっています♪  
扱っている商品もおしゃれなものが多いのでホームページなど是非チェックしてみてくださいね。

IMG_6733

お店は小さな看板が目印です(*^_^*)

こちらの進捗もまた報告していきますのでお楽しみに!

増築 → キッチン工事は台風の影響で予定変更。
お庭の工事もいくつかの現場が進んでいます♪

ここの所現場の朝が早く我が身の準備に十分な時間がさけず相変わらずお見苦しい姿で申し訳ございません(>_<) 「美しくて」「仕事も出来て」「素敵なお母さん」を目指さないといけない風潮ですが 全く追いつきません(笑)。。。。  


ブログそろそろ再開・・・

IMG_6618

ブログの編集画面に問題があり更新が滞っておりました・・

IT能は持ち合わせていないので時間がかかりましたが そろそろ再開できそうです。

ゴールデンウィークもはるか昔に思えるほど遅れを取り戻すための仕事と新規リフォーム工事2件分準備で密度の濃い毎日を送っております、、がまた台風ですね(-_-) 

でもがんばります!