月別アーカイブ: 2016年4月

地域一 働き甲斐のある楽しい会社を目指しています!

image

一緒に働いてくださるスタッフ募集中!

以前投稿した記事ですが 再度投稿致します。
トータルのworktimeに応じた昇給もあり。

お客様から信頼していただける会社になりたいと同時にスタッフにも信頼、安心して働ける地域一自慢の楽しい会社作りを目指しています!

学校の行事やご家庭の都合で働く日を自由に決めていただけますので働きやすい環境で現在のスタッフは全員お子さんのいらっしゃるお母さん達です。
皆本当によく頑張ってくれているのでお客様にも大変喜んでいただけております。 
そして会社もそういったスタッフのためによりよい環境となるよう努めています。

秋には楽しいお客様へのクリスマスプレゼントの企画・作成(手作り!)やシッピング準備、忘年会と楽しい企画があり 

*平日のみのお仕事です
*冬場の仕事は夏の繁忙期に比べ少なくなります。

過去のスタッフ募集記事 こちら


新緑の美しい季節

IMG_9957

美しい新緑の季節です。
災害被害に遭われた方々の中には娘と同年代、今年大学にはいったばかりの方もいらっしゃって、、
ニュースを見ながら涙がとまりませんでした。 

人災、天災問わずいつのニュースもそうです。 
アメリカの潜水艦に激突されたえひめ丸の事故もそうですし、韓国の修学旅行生を乗せたフェリー事故も、勿論過去の震災、今回の震災でも。
子供達、そして自分の意思や考えで大人への一歩を踏み出した年齢の子達が命を絶たなければいけないシーンをみるのはとても辛い。 本当に辛いです。 

これ以上被害が拡大しないことを祈りながら 被災されている皆様にお見舞い申し上げます。 

今日は世田谷で庭木の剪定、伐採、抜根、整枝等 今後のガーデン作りのための準備作業を行っていて 作業後は庭が明るくなり 植栽の幅も広がり 庭が風を感じ季節を感じる空間へとなることでしょう。

IMG_9963

IMG_9965


バラの根元に灌水チューブ設置

プレジャーガーデンではお庭の形状や仕様、ライフスタイルにあったスプリンクラーの工事も得意・専門としております。
詳しくは こちら

バラの大好きな人たちにとって水やりは大きなテーマでありますね。

昨日は昨年バラ園の近くに立水栓工事まで終わらせていたお客様に灌水チューブを設置する作業をおこなってきました。

a
b

こちらのお客様には過去大きな敷地内全体にスプリンクラー設置工事をさせていただき 依頼色々なお仕事をご用命いただいております。

以前スプリンクラーをつける前は↓↓このように敷地内の至る所にホースがあり先端についたスプリンクラーを時間ごとに移動し使われておりました。
数百坪ある敷地をこのように管理されていたわけです。 

IMG_0025
IMG_0026

よく使われている移動して使うタイプのスプリンクラーですね。 
隣地にかからないようにうまく散水をするのも難しいですし、芝生の上ではホースの部分が蒸れて黄色くなりますね。

IMG_0378

こちらのお客様にはこのようなタイプのスプリンクラーを設置しました。
芝生への散水はポップアップ式(普段は地中にもぐっていて 水圧がかかると地面からスプリンクラーがあがってくるタイプ)を使用するのが一般的ですが 写真のような植え込み箇所への散水はポップアップ式でないものを使用、高さを調整しながら設置します。

散水システムは蛇口タイマー式のものも便利ですが、せっかくでしたらインライン型といって地中にシステムを埋め込み蛇口周りをすっきりと保てる方式をおすすめします。

是非ご相談くださいね。 

現在鴨川にてガーデンルームを作っています。 
楽しみにしていてください♪
c


インターネット花見と撮影会

image

庭先でグリーングラジオラスが咲いていました。
今年は(も) インターネット花見で終わりそうです。
桜は大好きなのですが人混みが苦手なので 桜の名所にはなかなか行けず。

人混みが苦手もありますが 例年この時期はお陰様で仕事の依頼も多く1年間の仕事の段取りを決める大事な時期でもあり慌ただしい。

画面に映る桜に癒されてます。。。

image

image

現場の完成ラッシュでもあり 現場スタッフは体力勝負の毎日です(^_^;)

いくつかの現場は プロカメラマンにより撮影。
houzzなどへの掲載に使用します。

撮影を快諾下さったお客様達には本当に感謝いたします(*☻-☻*)

お礼に先日浅草で 小桜の美味しいかりんとうを購入してきました。
小桜のかりんとうでも感謝の気持ちが伝えきれませんが この先も「プレジャーガーデンに頼んで良かったね」と思っていただけるよう これからも健全に安定したお仕事を続けていく事で恩返しをしていきたいと思っております。