圃場にて植木選び

IMG_6535

先日ガーデンデザイナーの石塚とご依頼いただいているお庭用の庭木を選んできました。
(リンクでは ”DIYサポート” 担当になっておりますが ケースによってプランから植え込みまでも行っております)

植木は自分達の足で探しに行くこともありますし、信頼している植木屋に注文をすることもあります。
「ワンクリック検索 → 答え」 が出てきてしまうのと違い 本やさんでは 寄り道をしながら 捜し物以外にも興味をひくものがあり楽しいですよね。

植木も同じです。

圃場を歩くとあれもこれもと欲しいものが沢山。
IMG_6529

沿岸ではなかなかみられない はなみずき
はなみずき ってそういえばこんな花だった、、、とまじまじとみてしまいます。

圃場の一画に売り物ではなさそうなアケビが生えていました。
IMG_6538

野生っぽい色もdetailも好き。
「惹きつける力」を感じます。

さて現場・・
前日の勉強会での同業者同士の会話は
「全く仕事にならない」

そう、ここ数ヶ月の多雨でなかなか工事が進まなくなっています。
今オーニングの取り付けを予定している現場もありますが、テント業者、看板業者さんも同様です。
「日程の調整がつかずギリギリまで作業日を伝えられず申し訳ありません(>_<)」
との連絡が入りました。
電話をかけると 催促 かと(まぁそうなのですが) 思われ電話に出なくなってしまう 左官屋さんもあります。

先日ある番組で多くの気象予報士が 「ここ数年、天気を予報するのがとてもむずかしくなった」
といっていました。

私の先生である徳田先生は
「これからは耐暑性、耐寒性 だけでなくあらゆる環境にも耐える ”耐候性” であることが最も大事」
とおっしゃっていました。

植物同様 仕事もマルチでないと 生き残っていけないですね。

その点弊社はリフォームも手がけているので 先日も同業者の方に 「理想ですよね」 と言われました。
本当にそう思います。 今もキッチン、玄関リフォームを相談されているので こんな雨続きでも悲観的にはならずに済むのです。
それに 同業者ほど悲観的にならずに済む、というのは経営の話ではありますが、実際の「暮らし」という部分についても 外と中を一緒に考えられる、というのはこれからとても大事になってくるのでは?と思っています。
勿論、庭工事は遅れているのでその点に関しては楽観的になれず本当に心苦しいのですが。

IMG_6454

IMG_6511

とはいっても雨、暴風、、、、悪天候の中 頑張ってくれているスタッフには足を向けて寝れません。
一つ一つ進めていくしかないなかで大きな力となっています。

納期がずらせない芝の到着。 先週も今週もよりによってどしゃ降りの中での芝はりとなってしまいました。 本当にありがとう。

これからはこういったイレギュラーな天気が当たり前になるかもしれないですね。
色々と対策には着手しています。