タグ別アーカイブ: ウッドフェンス

ドイツ風のお庭ができるまで (途中編)

IMG_5504

ドイツ風のお庭ができるまで (Before編)  → → → こちら

打合せでは 「トロピカル風に椰子も植えようか」 などもありましたが かなり慎重に、
「果たして景観的に周囲となじむだろうか?」 を検討されていました。
周りになじむだろうか、、、、
今日本の外構工事や住宅においても こういう事を考える方はあまり多くない気がします。
それぞれが好きに作っている、建てている感じがして全体としてみると価値が下がって見える事もありますよね。 

私個人としてはここに椰子はやや唐突な感じがして余程椰子がお好きでない限りはどうかな? と内心思っていました。
本当は桜や紅葉など季節感のある庭木も提案したのですが 実はお客様は別の場所に四季を彩る木々が沢山植わっている場所にもお住まいをお持ちでしたので 「ここはちょっと違う感じにしたい」と。

いろいろとお考えの末、 「ドイツ風にしよう!」 という事で植栽は ”りんご”の木をメインに”もみの木”などと玄関には目隠しと丈夫さから ”シマトネリコ”を植えることに決定。

とはいっても実は植栽はフェンスや石積みがかなり進んで イメージがつかめてきてから決まったのですが。。。

IMG_5414

フェンスの設置準備。

IMG_4885

果てしない石積み作業が始まりました。

IMG_4910

まずは駐車場部分から。

IMG_5608

IMG_5614

同時にフェンスに使用する大量の木材の塗装作業もはじまりました。
こちらの塗装作業は お施主様のご家族によって行われたのですが、寒い時期で本当にお疲れ様でした。 
フェンスに使用する色はプレジャーガーデンがよく使うグレーッシュな色です。 
この面積を茶系で仕上げていたらかなりういていたと思います。 

IMG_5508

道路の傾斜に合わせてフェンスも設置していきます。
丁寧に段々となっているフェンスは仕上がりが本当に綺麗でとても喜んでいただけましたが 実は現場では途中の風景を見るだけでその仕上がりも想像できるのです。  

途中石を大量に使いすぎて問屋に無くなるというハプニングがありフェンス工事をせっせと進め少しづつ形になってきます。
いくつかの現場が同時に進行していたたこちらのお施主様や後にご紹介するほかの現場のお客様もお持たせをしてしまいましたのですが、理由の一つにほかの現場も同じ”石”を こちらも

    大量に使っていたので在庫なくなり本当に困ってしまったのでした(>_<) IMG_7254

    そして石が入荷したらひたすら石積み、仕上げが続き スタッフもどこにいってもよその石積みが気になってしまう症状が出てしまったようで本当にお疲れ様でした。

    IMG_5902

    駐車場脇フェンスの足下にもこの後石が積まれ敷地内で過ごす時間を道行く人からの視線を気にすることもなくゆっくりと過ごせるようになりましたね。 

    今回のドイツ風のお庭ですが、それは仕上がりのスタイルでありまして構造的なプランとしてはプライバシーの確保がお施主様からの強いご要望でありました。 

    オープン外構を望まれる方もいらっしゃいますが、外国の方は特に「丸見え」を好まない方が多い気がします。 
    皆さんはどちらがお好きですか?  

    さて次は 植栽。スプリンクラーなどもご紹介したいと思います。 

     
     


Good Job!

IMG_6880

進行中の現場の一つ。

庭木も入り クローズドされたリゾートのような出来あがりとなり本当に素敵です。

お施主様にも

”Good Job!” 

と言っていただき他の現場同様大幅な遅れを現場スタッフ増員しながらおいついてきています。

スタッフの皆も本当にお疲れ様です。

クライアントに外国のかたも多く錆び付いた英語を駆使しています。 
先日娘の英検対策講座体験にひょんなことから参加することになりものすごく真剣になってしまいました。
あらためて、勉強出来る時に一生懸命しておくべきだと痛感。


現在進行中の工事

ガーデン工事、リフォーム工事が平行して進んでおります。

IMG_6517

すでに色の仕上げはすみ、落ち着いた赤色になっていますが、これは塗り途中の写真
浴室の外につける鉄格子をお客様お好みのREDで塗り替えました。
付けたらどんな風になるのでしょうか。
なかなかないご依頼なので楽しみです。

IMG_6828

IMG_6827

フェンス工事がほぼ終わりましたがその下の石積みが残っています。
在庫を使い果たしてしまったのか しばらく石が入荷せずだいぶお待たせをしてしまいましたがその間 芝貼り、スプリンクラー工事もいたしました。
フェンスはしっかりと作りましたので幾度かの強風にも耐えました。
相当な量の石を使用していますが景色に馴染みお施主様にも大変気に入ってもらっております。

IMG_6744

こちらも石積みですが、こちらはコッツウォルドストーンを使用しています。
現在アーチを作成中。 
工事が遅れていたところに お施主様の拘りを形にするのにまた時間がかかってしまい申し訳ありませんでしたがここにワイヤーを固定し 蔓性植物が絡みやすいような作りとします。
お庭の完成が大幅に遅れてしまい本当に申し訳ないのですが気に入っていただけるお庭となるように頑張ります。 

IMG_6787

これもこちらの現場にて使用するものですが、人目にはふれない所に使用します。 さて何になるのか、、楽しみにしていてくださいね。
カットし、溶接をしオリジナルな資材を今回もお作りしています。

IMG_6740

玄関リフォーム工事  前回の記事はこちら

その後順調に進行しています。

IMG_6824

「ここは本当に風が強いですね!」
と大工さんも言っていましたが 新しく囲われた元ポーチの中は風を感じる事もなく安全な空間へと変身しつつあります。
IMG_6823

今日からはあらたにキッチン工事も始まります。
当初御相談をいただいたのは建物内の別の箇所でしたが せっかく屋根もあるのですし、こちらに部屋を作ってキッチンにした方が良いのではないか、、と提案をさせていただきました。
お施主様の御家族にもそのようなご意見があったようで今回ここをおしゃれなキッチンへと変身させます。

IMG_6806

私自身の役割としてはお客様の求められているものをライフスタイルや好みと照らしながら形にしていくこと。

「何か変えたいのだけどどうしていいかわからない、、」
などございましたら是非御相談ください。


圃場にて植木選び

IMG_6535

先日ガーデンデザイナーの石塚とご依頼いただいているお庭用の庭木を選んできました。
(リンクでは ”DIYサポート” 担当になっておりますが ケースによってプランから植え込みまでも行っております)

植木は自分達の足で探しに行くこともありますし、信頼している植木屋に注文をすることもあります。
「ワンクリック検索 → 答え」 が出てきてしまうのと違い 本やさんでは 寄り道をしながら 捜し物以外にも興味をひくものがあり楽しいですよね。

植木も同じです。

圃場を歩くとあれもこれもと欲しいものが沢山。
IMG_6529

沿岸ではなかなかみられない はなみずき
はなみずき ってそういえばこんな花だった、、、とまじまじとみてしまいます。

圃場の一画に売り物ではなさそうなアケビが生えていました。
IMG_6538

野生っぽい色もdetailも好き。
「惹きつける力」を感じます。

さて現場・・
前日の勉強会での同業者同士の会話は
「全く仕事にならない」

そう、ここ数ヶ月の多雨でなかなか工事が進まなくなっています。
今オーニングの取り付けを予定している現場もありますが、テント業者、看板業者さんも同様です。
「日程の調整がつかずギリギリまで作業日を伝えられず申し訳ありません(>_<)」
との連絡が入りました。
電話をかけると 催促 かと(まぁそうなのですが) 思われ電話に出なくなってしまう 左官屋さんもあります。

先日ある番組で多くの気象予報士が 「ここ数年、天気を予報するのがとてもむずかしくなった」
といっていました。

私の先生である徳田先生は
「これからは耐暑性、耐寒性 だけでなくあらゆる環境にも耐える ”耐候性” であることが最も大事」
とおっしゃっていました。

植物同様 仕事もマルチでないと 生き残っていけないですね。

その点弊社はリフォームも手がけているので 先日も同業者の方に 「理想ですよね」 と言われました。
本当にそう思います。 今もキッチン、玄関リフォームを相談されているので こんな雨続きでも悲観的にはならずに済むのです。
それに 同業者ほど悲観的にならずに済む、というのは経営の話ではありますが、実際の「暮らし」という部分についても 外と中を一緒に考えられる、というのはこれからとても大事になってくるのでは?と思っています。
勿論、庭工事は遅れているのでその点に関しては楽観的になれず本当に心苦しいのですが。

IMG_6454

IMG_6511

とはいっても雨、暴風、、、、悪天候の中 頑張ってくれているスタッフには足を向けて寝れません。
一つ一つ進めていくしかないなかで大きな力となっています。

納期がずらせない芝の到着。 先週も今週もよりによってどしゃ降りの中での芝はりとなってしまいました。 本当にありがとう。

これからはこういったイレギュラーな天気が当たり前になるかもしれないですね。
色々と対策には着手しています。

 


オリジナルロートアイアンゲート 

IMG_6261

ゲート周辺(門柱等)はまだ未完成なのですが 先々週?に取り付けたゲートです。

まわりのフェンスが大きいので 小さく見えますが標準的な大きさです。

デザインとしては 石積みやフェンスもありますので あまりいそがしいパターンやロマンティックになりすぎないものでお薦めいたしました。

まだ門柱等の作業がありますが 終わりましたらまた報告いたします。

なるべく目につく所に置きたくない物、使いたくない物として プラスチック製品をあげられていて
勿論色々と天秤にかけながら、、なのですが利便性となくても他のもので代用する事に知恵を絞っていくなど とても勉強になります。

もちろん、我が夫がステレオタイプのブラジル人でないように(笑) 全てのドイツの方が同じであるとは思いませんが こちらの方の考え方は素敵だな、見習いたいなと思う所が多々あります。

出逢いに感謝ですね。

IMG_2100

IMG_2097
IMG_2093

IMG_2099

IMG_2098

IMG_2095

IMG_2094

IMG_2092

上記作品は ロンドンの ヴィクトリア&アルバート博物館にて写真に収めてきたもの。
こちらの博物館はご存知の通り素晴らしい装飾品が沢山展示されていて時間がいくらあっても足りない場所です。

またゆっくりと行きたいですね。

IMG_2101
IMG_2079

お待たせしている皆様の工事もセルジオがスペインから戻りましたら 順に対応させていただきます。

スペインいいなぁ~

今日は高齢者施設の外まわりを見させていただくのと 職人ネットワークの拡大の為の打ち合わせです。


ウッドフェンス準備

IMG_5900

ようやく晴れました。

(明日はまた雨マークですが・・・)
お待たせしているお客様のフェンス準備を致しました。

これが終わらないと次に進めない、、、という事もありますが 準備出来るうちにしておかないと・・・

こちらは木更津の現場で使う木材です。

現在、駐車場の仕上げをするべくスタンバイ中。

IMG_5013

すでに車を止められるようにコンクリートの土間うちも終わっており、そしてこの上にウッドデッキも作られ仕上げ待ち。

IMG_5896

昨日がなければ今日がない。
今日がなければ明日もない。

色々な積み重ねの中で 何事も深みを増していくのだな、、と
感じる今日頃頃。

昨日は庭園療法の先生 アナグリウスケイ子先生のレッスン。
クロッカスが咲いて居ました。 奥に見えるバスケットにはいったクロッカスは私が置かせてもらった商品ですが こちらはまだ芽が出ています。

夜は アルフレックスジャパンにて パオラレンティのアウトドアコレクション のレセプションに出向いて参りました。

とても高級なアウトドアコレクションではありますが、その裏付けとなる舞台裏を今回最初で最後、movieで公開されるというせっかくの機会。

一つ一つ、プライドをもった熟練職人の手から生まれる 工業製品とは異なる手作りのファニチャーは本当に素晴らしかったです。

2FullSizeRender

8FullSizeRender

4FullSizeRender
5FullSizeRender

7FullSizeRender

12FullSizeRender

こういったコレクションを是非とも我が庭に!とお考えの方と出会うかもしれない時の引出し作りができました。

勿論、ご購入のお手伝いも致します。

ご招待いただきありがとうございました。