タグ別アーカイブ: 岡山後楽園

蘇鉄畑と琵琶畑

image1

ビワの種

家に対するおおまかなイメージはずっと昔から自分の中で決まっていて 不思議とそこから変わった事がありません。

勿論実際に建てる時になったら その時代にあった未来を見据えた資材もあるので細かい所は流動的だと思うのですが。

心の中で思い描くマイホームは決まっているのに庭はどうも具体的なイメージがわかなくて。 

というのも自然な感じがいいな、、、というのはあるのですが 長年外まわりをどう囲うかをずっと妄想していて(土地もないのに (苦笑)) まずはそれを決めてから庭を決めたいと。

木製のフェンスにするとか
生け垣にするとか

色々とチョイスはあるのですが 妄想している立地ではもっと景色に馴染む方がいいのではないか、、と
これまた勝手に思っていて。 

私は家の周囲をしっかりと囲いたいタイプで しかも外から中を見られたくない、秘密的に暮らすのが夢なのです。

でも生け垣にしたいと夫にいえば

「どうせ管理は僕がやるのでしょう」 と速攻却下されたので(妄想なのに) 

それはなくなり、ウッドフェンスはどうかというと

「どうせ塗り直すのは僕でしょう」 とこれまた却下されそうなので

ずっと何がいいのかな、、、と考えていました。

昨年、息子のサッカーの試合ついでに 海岸美術館を訊ねた際 駐車場にソテツが列植されていて とても素敵でした。 

それをいつかやってみたい、と思っていたらそのさらに凄いバージョンが岡山後楽園にあり
IMG_6064

IMG_6063

自分の中ではほぼ決定しました。 

がしかし、もっと高いところも目隠ししたいので 常緑で葉の形も大好きなびわの木を植えたい、、と思っていた所 スタッフよりご実家で収穫されたというビワを沢山いただき、、、 

種を植えていつか植樹できるまで育ててみようと思いました(^^;)

妄想ですが ソテツが道路側に列植され、その内側にビワの木を植える予定。 
家に近づくと田村一村が描いた絵にあるような景色の中に四角いブラジルの設計氏にその昔依頼して設計してもらった家の外壁がチラリと見えるのが私の描く景色なのです。 

現実的には隣の梨畑が突然なくなり秘密どころか借家の我が家が丸見えで本当に困っています(涙)
(妄想を現実にするため借家の傷んだ部分の補修は断念しています)

 


日本三名園 岡山後楽園

IMG_6081

独身時代に母と二人旅で訪ねた事のある 岡山に行ってきました。
主なる目的は 倉敷大原美術館で開催されていたダニエル・オスト氏の
「ダニエル・オストの花と心」 の観賞でした。

素晴らしいインスタレーションは勿論、毎度開催場所に使われるのが歴史的建造物なため 非公開部分もみれたり、そちらも楽しみで日本での開催の際は毎回観にいっています。
こちらは追って又報告いたします♫

2日目は 岡山城と日本三名園のひとつ 岡山後楽園に出向いてきました。

季節の良い時期にまた訪ねたいと思いますが、 人の手により作られた庭が自然を敵にまわすことなく、そして時を得て宇宙的なスケール感になっていく姿に圧倒されました。

IMG_6095

IMG_6116

IMG_6126

天気にも恵まれ良い旅行となりました。

今回は母と母の妹(私の叔母)の三人旅行。
母が夜仕事であったので、叔母と夕食を一緒にしました。
二人だけで食事をする機会が今までなかったので色々な話がとても新鮮でたのしかった。

男子がいない旅は気楽で家族旅行とはまた違う楽しさと開放感が。。。(笑)

IMG_6066

IMG_6075

IMG_6114

IMG_6092
IMG_6120

IMG_6090

目をひく花のない季節に美しい庭って 本当に素晴らしい。
構成しているもの一つ一つの力量ですね。

この時期は 私の大好きな水のある景色を楽しむ事ができます。