タグ別アーカイブ: 駐車場

バラが咲いた♪

IMG_0137

普段畑から花を摘んで部屋に飾るのはセルジオの得意とする所なのですが 今日はショールーム駐車場に植えたバラが絶賛満開中だったので1枝カットして瓶にいれてみました。
部屋が華やかになります♪

アフリカに移り住んだドイツ人は生活用水を汲みに行くのも大変な中 バラの為のお水も一緒に汲んできたほどバラを大事にしていた、と子供の頃テレビで見たことがありました。 バラのある暮らしが新しい土地での生活から生じるストレスや緊張をやわらげてくれていたのでしょうね。

バラは難しいんでしょう?

と良く言われますが ミニバラでしたら手軽にスタートできて楽しいと思います♪
秋に初心者の方を対象にしたミニバラと秋植え球根をつかったレッスンを考えています。 まだ構想中ですが多くの方に育てる楽しみが伝えられたらいいな、と。

さて現場ですが、今色々な現場が進行中。

キッチン付きガーデンルーム
ナチュラルガーデン
戸建て住宅の外回り
等々、、

写真 2016-05-13 8 28 09

キッチン付きガーデンルーム

多くの女性にとってあこがれですよね。 
私にとってもあこがれですし。 

こんな御部屋を作ってしまったら私は一日そこで過ごしちゃいそうです(*^_^*)

今日も他の打合せで行った先で将来のキッチンプランについて話しをしました。
キッチンは家族の健康を左右する大事な場所ですよね。 
家族を大事にされるお客様との打ち合わせはいつもとても楽しみです。 

ところで今日打合せにうかがったお客様とは15年以上も前からのおつきあいです。
西日対策として出窓を囲うようにパーゴラを作ったり枕木での立水栓をお作りしました。
IMG_1656

その後は駐車場を拡張したい、というご要望があり もともとあったコンクリートブロックを解体し庭は狭くなってしまいましが駐車場をお作りしました。
IMG_1158
Before

IMG_1650
After

その後も色々な工事をご依頼き このようなガーデンツールを収納する棚もお作りしたんです。 かわいいですよね。
DSC_0499
本当に忙しい奥様なのに 日々の生活も楽しんでいらっしゃって素敵です。 

帰路はいつも 私も見習ってもっとちゃんとしなくちゃ、と反省しきりなんです。


石材を使ったお庭色々・・

IMG_7683

昨年一年をどんな年だったか、、、にたとえると

プレジャーガーデン的にはとにかく 石を積んで積んで積みまくった一年であったと思います。
スタッフがお休みにどこかに出かけても石積みをつい見てしまう、、と言っていた程 寒い日も暑い日も、、、スタッフ皆で頑張って積みました。

ハニーカラーが優しい雰囲気を作ってくれるコッツウォルドストーンをつかったアーチも。 
IMG_7671

お客様が展示会でご覧になったものを希望され いただいた写真を見ながら再現していくも同じに出来ず何度もやり直しをしなければならなかったり、またご希望されている形状に石の特徴から難しかったり
なかなか糸口が見つからず時間がかかってしまいご迷惑をおかけしてしまいました。
IMG_8192

こちらのお客様の敷地全体も石積みで囲う作業が延々と続き、、問屋さんの石を使い果たしてしまいました(^_^;) 
IMG_8197

IMG_8167

ところで アーチや石壁に限らず、”石”を使った造作をガーデンは多く使いますが この ”どこからか運ばれてきた石” がもともとの場所から遠く離れた場所でこうして人様の目に触れる活躍?をするのはとても不思議ではないですか?
もともとあった場所ではゴロゴロと転がっていたものなのに。

IMG_6170

乱貼りの石材

ここにくるまで何億年、何万年というスケールの時間を経ているのでしょうか。
巻き貝を耳にあてると波の音が聞こえるように、石に触れるとこの石がたどってきた宇宙規模の大きな懐に包まれる気になります。

最近はコンクリートで石を模造した製品も多く使われますが、用途と目的としてはやむを得ない場合もあるのでしょうが、人が暮らす場においてはやはり生きている(石も生きていると思います)石を使った方が
庭に命が吹き込まれますね。 

素材の一つ一つが生きる、お互いに生かされる、そんな庭はきっと沢山の人の心を癒やす場と成長していくでしょうね。

IMG_0798


師走

幾つかの現場が同時に進行している一つ、千葉市中央区の現場です。

後日before afterで紹介いたしますが 昨日から駐車場コンクリートの合間をタイルで埋める作業を始めました。

image

もともとは玉リュウが植わっていましたがメンテナンスが大変になると雑草が勢力伸ばし つまづく原因になったりしていたのです。

タイルを貼れば安心ですね!
image

先週までは 駐車スペース脇の植栽などのリニューアル。

いずれも雨で作業日が確定するもズレたりとお施主にはご迷惑をおかけしましたが 綺麗に整いました。
image

image

image

それにしても今年も早いもので12月、しかもすでに5日になってしまいました。

たくさんの御用命を頂き感謝の気持ちと使命を果たせなかった案件には悔いも残っていたり、お詫びの気持ちもあったり。。。

来年はプレジャーガーデンにお仕事を頼みたい!と思われている方に十分な時間を割けるようなご案内が出来るようにホームページを一部リニューアルする事に致しました。

整いましたらまたご報告させていただきます。

image


ドイツ風のお庭ができるまで (途中編)

IMG_5504

ドイツ風のお庭ができるまで (Before編)  → → → こちら

打合せでは 「トロピカル風に椰子も植えようか」 などもありましたが かなり慎重に、
「果たして景観的に周囲となじむだろうか?」 を検討されていました。
周りになじむだろうか、、、、
今日本の外構工事や住宅においても こういう事を考える方はあまり多くない気がします。
それぞれが好きに作っている、建てている感じがして全体としてみると価値が下がって見える事もありますよね。 

私個人としてはここに椰子はやや唐突な感じがして余程椰子がお好きでない限りはどうかな? と内心思っていました。
本当は桜や紅葉など季節感のある庭木も提案したのですが 実はお客様は別の場所に四季を彩る木々が沢山植わっている場所にもお住まいをお持ちでしたので 「ここはちょっと違う感じにしたい」と。

いろいろとお考えの末、 「ドイツ風にしよう!」 という事で植栽は ”りんご”の木をメインに”もみの木”などと玄関には目隠しと丈夫さから ”シマトネリコ”を植えることに決定。

とはいっても実は植栽はフェンスや石積みがかなり進んで イメージがつかめてきてから決まったのですが。。。

IMG_5414

フェンスの設置準備。

IMG_4885

果てしない石積み作業が始まりました。

IMG_4910

まずは駐車場部分から。

IMG_5608

IMG_5614

同時にフェンスに使用する大量の木材の塗装作業もはじまりました。
こちらの塗装作業は お施主様のご家族によって行われたのですが、寒い時期で本当にお疲れ様でした。 
フェンスに使用する色はプレジャーガーデンがよく使うグレーッシュな色です。 
この面積を茶系で仕上げていたらかなりういていたと思います。 

IMG_5508

道路の傾斜に合わせてフェンスも設置していきます。
丁寧に段々となっているフェンスは仕上がりが本当に綺麗でとても喜んでいただけましたが 実は現場では途中の風景を見るだけでその仕上がりも想像できるのです。  

途中石を大量に使いすぎて問屋に無くなるというハプニングがありフェンス工事をせっせと進め少しづつ形になってきます。
いくつかの現場が同時に進行していたたこちらのお施主様や後にご紹介するほかの現場のお客様もお持たせをしてしまいましたのですが、理由の一つにほかの現場も同じ”石”を こちらも

    大量に使っていたので在庫なくなり本当に困ってしまったのでした(>_<) IMG_7254

    そして石が入荷したらひたすら石積み、仕上げが続き スタッフもどこにいってもよその石積みが気になってしまう症状が出てしまったようで本当にお疲れ様でした。

    IMG_5902

    駐車場脇フェンスの足下にもこの後石が積まれ敷地内で過ごす時間を道行く人からの視線を気にすることもなくゆっくりと過ごせるようになりましたね。 

    今回のドイツ風のお庭ですが、それは仕上がりのスタイルでありまして構造的なプランとしてはプライバシーの確保がお施主様からの強いご要望でありました。 

    オープン外構を望まれる方もいらっしゃいますが、外国の方は特に「丸見え」を好まない方が多い気がします。 
    皆さんはどちらがお好きですか?  

    さて次は 植栽。スプリンクラーなどもご紹介したいと思います。